有病者歯科に特化した歯医者「たけさき歯科」の医院コラム(症例紹介)です。

  • tel:092-405-6116
  • 〒810-0034
    福岡県福岡市中央区笹丘1-25-7 フィランソレイユ笹丘 1F
  • 電話受付時間:平日9:00~13:00/14:30~19:00
    休診日:日曜・祝日・木曜、土曜の午後
  • WEB予約
  • 当院のこだわり
  • 有病者歯科について
  • 診療メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • よくあるご質問
  • 医院情報

医院コラム(症例紹介)

  • tel:092-405-6116
  • WEB予約
  • アクセスマップを見る

高血圧と歯科治療

こんにちは。
福岡市中央区笹丘のたけさき歯科です。
本日は高血圧と歯科治療についてお話いたします。

高血圧は生活習慣病の一つです。
その高血圧になる事自体にはとくに自覚できるような症状はありませんが、
虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの病気の原因となるのでとても重要な症状です。
その定義は国際的に決まっています。
収縮期血圧140mmHg以上(上の血圧とか呼ばれる方です)
拡張期血圧90mmHg以上(下の血圧とか呼ばれる方です)

※ちなみに至適血圧は収縮期120mmHg未満、拡張期80mmHg未満です。


高血圧の中にもまた重症のグレードがあったり、
様々な基準も他にもあります。

歯科治療において気をつけるべきところは…
急激な血圧変化で悪影響を起こす可能性があるため、
血圧の変化を意識した治療を行う必要があります。

この場合に考えるパターンは2パターンあります。
【降圧薬により血圧がコントロールされている場合】
・治療前に血圧を測り、治療自体は午前中が望ましい。
【治療を行っておらず、血圧がコントロールされていない場合】
降圧目標まで歯科治療を延期するべき。

どちらにしろ、問題が起きた際の対処方法を事前に歯科医師と話しておける環境や歯科医師の経験が大事になってきます。

血圧はちょっとした事で上下します。
例えば白衣高血圧と呼ばれるものは、
自宅では正常な血圧が病院に言って緊張する事で、
異常と判断される数値まで上昇してしまったりします。

なるべくリラックスできる治療を各歯科医院が目指すのは、
実はそういった意味も含んでいるんです。

当院の院長は九州大学病院の全身管理科に在籍した事があり、
様々な全身疾患を持つ方の治療を医科の先生と共に行ってきた経験があります。
だからこそ、安心して治療を受ける事ができると考えております。

高血圧の診断を受けていて歯科治療を受けたいと思っていらっしゃる方は
ぜひ一度ご相談いただければと思います。

---------------------------------------------------------------------
たけさき歯科

福岡県福岡市中央区笹丘1-25-7 フィランソレイユ笹丘 1F
TEL 092-405-6116
中央区以外にも城南区、早良区などから来院して頂いています。

---------------------------------------------------------------------